更新日2018/02/24

Vol.1 はせがわ はっち さん

過去の絵本コンクール応募者のみなさまに
お話をお聞きしました。
出品してみようかなと迷っておられる方、
射水市大島絵本館の絵本コンクールってどんなコンクールなの?
と思っていらっしゃる方必見です!

第1回目は、本コンクールで受賞された後
昨年絵本作家としてデビューされた
はせがわはっちさんにお話を伺いました。

はせがわ はっち さんのプロフィール

はせがわ はっち

1956年、東大阪市生まれ。
2004年『おうだんほどうかります』で、
おおしま手づくり絵本コンクール2004<春の部>最優秀賞を受賞。
2015年『さらじいさん』で、
第16回ピンポイント絵本コンペ最優秀賞。
2017年『さらじいさん』で、絵本作家デビュー。

はせがわ はっち さんの作品

『おうだんほどうかります』

『おうだんほどうかります』

はせがわ さちこ/作
2005年/射水市大島絵本館

山にすむ動物たちが、車にひかれないように…。動物や自然のことを考える優しさあふれるストーリーが温かな絵で描かれます。

『さらじいさん』

『さらじいさん』

はせがわ はっち/作
2017年/ブロンズ新社

おさらに描かれているさらじいさん。ドーナツに手を伸ばして、私を不思議な世界に連れていきます。

『しりとりボクシング』

『しりとりボクシング』

はせがわ はっち/イラスト 新井 けいこ/著
2018年/小峰書店

こんどの学年行事は、しりとり大会に決定!? ぼくらの”しりとり大作戦”がはじまった。

インタビュー

作業机
ここで制作しています。

はじまり

────
絵本づくりを始められたきっかけを教えてください。
はせがわ はっち
デッサンを習おうと訪れたアートスクールで、 体験レッスンの先生から 「絵本コースはじめました」と教えていただき、 おもしろそうと思って受講したのがきっかけです。
────
当館のコンクールをどのように知られましたか。
また受賞作品はご自身が作られた絵本としては何冊目でしたか。
はせがわ はっち
アートスクールの先生から教えてもらいました。 2作目です。

おおしま国際手づくり絵本コンクール

『おうだんほどうかります』より
『おうだんほどうかります』より
────
おおしま手づくり絵本コンクール2004<春の部>
最優秀賞受賞作品『おうだんほどうかります』について、
制作時のエピソードなどあれば教えてください
はせがわ はっち
当時、自宅近くに次々道路がつくられて、
そこに住んでいた動物たちはどこへいったんだろう、 人間だったら、道路反対とか訴えるだろうに と思った事がはじまりです。

そこから横断歩道を見ているときに アイデアができて、 お話が先に固まりましたが、 どういった絵にするか、結構時間がかかりました。
────
受賞されたときはどんなお気持ちでしたか。
また受賞作が絵本になった時のお気持ちもお聞かせください。
はせがわ はっち
2作目だったので、ただただびっくりしました。
絵本で言いたかったことが
ちゃんと伝わったかなと思いうれしかったです。

絵本になった時は、
「わあ、本物の絵本だ!」と感動しました。
いろんな人によんでもらえると思い、
わくわくしました。

コンクールのその後 『さらじいさん』出版

『さらじいさん』
『さらじいさん』より
────
絵本館で受賞されてから、
『さらじいさん』の出版まで13年間ありますが、
絵本に関するどんな活動をしておられましたか
はせがわ はっち
受賞後もっともっと作らなくちゃとコンペに出したり、
持ち込みもしましたが成果が出ず、
そのうち行き詰まってしまいました。
表現に自信がなくてどんな絵にしたらいいか、
わからなくなっていました。
その後は数年制作から離れて、
絵も描かない時期が続きましたが、
完全に絵本から気持ちが離れることはなかったと思います。
庭のお客さん
庭にやってくるお客さん。癒されます。
はせがわ はっち
ある年に
がんばっていたアートスクール時代の友人が
絵本デビューを果たし、
これがめざめるきっかけになりました。
でも、

やはりなかなか作れない
  • このまま老後を迎えるのかなあ(笑)
  • いやいや、それはおもしろくない
  • よし、環境を変えてみるか!
というわけで仕事を辞めて、
ピンポイントのコンペを目標に
1年間取り組むことにしました。
いくつかアイデアはあったので、
その中から「さらじいさん」ができました。

絵本制作の具体的な過程

────
絵本の制作過程を教えてください。
おうだんほどうかります

『おうだんほどうかります』の場合

  1. 近くに新しい道路ができた
  2. そこに住んでいた動物たちはどこに行ったんだろう?
  3. 車を運転中に横断歩道を渡る人がおもしろい
    (ビートルズみたい)
  4. 横断歩道が折りたためたらおもしろいな
  5. ここで動物と結びつく
  6. 動物の事故を防ぐ道路の工夫を調べる
  7. ストーリー完成
  8. どんな絵にしたらいいか悩む
  9. なんとなくラフ完成
  10. 完成
さらじいさん

『さらじいさん』の場合

  1. お皿に描かれたおじいさんがおもしろい!
  2. 絵本になるかな?
  3. 古伊万里をネットや本で調べると
    おもしろい模様がある
  4. 青一色の世界がつくれそう
  5. ラフ完成
  6. オチが先に決まり、そのあと皿世界の流れをつくる
    (ここが一番難しかった)
  7. 完成!(コンペ用)
  8. 絵本コンペに出品
  9. その後絵本化のお話をいただき、
    編集者の方とのやり取りでいろいろ見直し
  10. 全ページ書き直し
  11. 完成!(出版絵本)

メッセージ

────
今後の夢や目標など教えてください
はせがわ はっち
やっとスタートラインに
立てたかなと思っています。
今の目標は次の絵本を出す事です。
夢は子供たちがおもしろがって
何度も読んでくれる絵本をつくることです。
────
はせがわさんにとって、
絵本コンクールの存在を教えてください。
また射水市大島絵本館のコンクールへ
出品される方に一言お願いします
はせがわ はっち
最優秀賞を頂いた事は、
その後つくれなかった時に、
ずっと心の支えとなっていました。
このコンクールがあったから
いまにつながっていると思います。

私が言うのはおこがましいですが、
絵本はこういうものと決めずに、
自分が伝えたいことを「自由」に
のびのびつくっていくのがいいなと思います。
────
はせがわ はっちさん、ありがとうございました!
はせがわ はっち
山でリフレッシュ!

スタッフからひとこと

絵本コンクール応募者の方が、絵本作家デビューされたということは、スタッフ一同とてもうれしいニュースでした。絵本コンクールが始まって24年になりますが、これからも絵本作家さんが誕生するかも! と楽しみにしています。
はせがわさん、2作目、3作目、楽しみにしていますね。

次回のインタビューは3月中旬公開予定です。

おおしま国際手づくり絵本
コンクール2018
募集要項

Oshima International Handmade Picture Book Contest 2018
Entry form